中古を新築に

リフォームすることも考えよう

マイホームでも投資用不動産でも、不動産を購入するのであれば中古物件を買いましょう。但し、買いっぱなしではなくリフォームをしましょう。中古物件は新築物件より価格が安いという特徴があります。これは新築プレミアムが剥がれ落ちていることと、経年劣化による価値の減少が原因です。しかし、中には価値の減少以上に価格が下がっているものもあります。このような物件を購入することができれば、新築物件の価格との差額でリフォームをして、自分好みの住空間を作ることができます。最近では中古物件をリフォームしてから売りに出す不動産会社も増えてきました。中古物件をリフォームして綺麗にし、活用していこうという動きが広がっているのです。

中古物件は下がりにくいです

また、中古物件の魅力はもう1つあります。それは不動産価格が下がりにくくなっていくということです。一戸建てでもマンションでも当初の価格下落のほとんどは建物価格部分ということができます。土地部分については、年数が経っても劣化するということがありませんので、いずれ土地価格に集約されていくわけです。そのため、建物の価値がほとんどなくなったところで物件価格の下落はほぼ止まります。不動産の味方に対する目が肥えてくれば、販売価格が土地価格と同等もしくは下回っていると判断できる物件を見つけることもできます。特に不動産投資をする人はいくつもの物件をみて、中古物件の価値を見いだせるようになれば、成功する可能性が飛躍的に上がります。